2016年03月10日

朗読:夏目漱石著『門』

二十三(第104回)約5分半

・寒風が立った頃から始まり、最終回も不思議に今の季節に重なって終わりです。
『こころ』(全110回)よりもずいぶん長く感じました。
ラベル:
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください