2016年03月07日

朗読:夏目漱石著『門』

二十二の一(第101回)約5分

・久しぶりの家族(およね御米、ころく小六)との会話、読む方もなんだかホッとする。
タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください