2016年02月20日

朗読:夏目漱石著『門』

十八の七(第94回)約5分

・禅にいそしむ話が続くが、御米を思い出す場面が出てくる。(前回も「(宗助の)崖下の家」と出てくる。)さりげなく世俗との紐つけを忘れない漱石デアル。
タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください