2015年12月29日

朗読:夏目漱石著『門』

十三の六(第六十二回)約4分半

・これに似た経験をした身内がいる者にとっては ちょっとつらい記述がありますが、宗助と御米(およね)の過去がいよいよ語り始められたようですので気にせず読み進んでゆきます。それにしてもずいぶん具体的な記述で驚きます。
タグ:
この記事へのコメント
お久しぶり。
パソコンが壊れたりで、お聴きするのは久しぶりです。しっかりとした読みで、いい感じです。
来年も楽しみにしています。
Posted by monobe at 2015年12月30日 23:48
monobeさん、新年おめでとうございます。
コメント、うれしいです!今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by yomiya at 2016年01月06日 20:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください