2015年06月19日

桐壷帝と藤壺女御に 若宮誕生!実は・・・。

紅葉賀-4(約10分半)
 新年、ゲンジは左大臣邸に行くと相変わらず嫁のアオイちゃんはとっつきにくい。ゲンジは自分の浮気性のせいでもあると思う。舅である左大臣はゲンジを大事に扱ってくれる。
 ゲンジはうち(内裏)、春宮(とうぐう/皇太子)、一宮(桐壷帝の父)に挨拶まわりをした後はまっすぐに、懐妊中のフジさん(藤壺)の元へ向かう。フジさんは会おうとしない。予定月を過ぎても気配がない。ゲンジとの不義の子であることを悩むフジさんはさらに気分が悪くなる。結局2月に入ってから男御子が生まれた。 帝は早く我が子を見たくてしょうがない。自分こそ早く見たいゲンジは「帝が急がれてますので、私が先に見て報告しましょう」と申し出るが、フジさんは見せない。その子はゲンジにそっくりなのだもの・・・!
タグ:源氏物語
posted by kanalia at 14:32| Comment(0) | 源氏物語(全54帖) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください